DokuWikiを使ってみる

最新版の差分情報はこちらに。http://d.hatena.ne.jp/kinneko/20070821/p8

DokuWikiを選んだ理由

  • データの管理にRDBMSを使用しないので、バックアップとリストアが容易で、ホスティング環境などでデータベースの設置やオペレーションがままならない環境でも使用できる。
  • Wikiというより、コンテンツ管理システム(CMS)としての完成度を意識して開発されている。
  • ユーザー権限の設定が細分化され、グループでの作業に向いている。
  • 独自のキャッシュシステムを持っており、負荷の高い環境や、リソースの限られた環境でも軽快に動作することが期待できる。
  • 貼り付けたソースコードの表示が自動で色分けされて見やすくなる。
  • 長いコンテンツでは、ブロックごとに編集ができる。
  • 管理メニューも含めて、日本語化がきちんと行われている。
  • 書きかけのコンテンツについて、ドラフト保存機能がある。

sage

  • デフォルトのテンプレートが少なく、BLOGやディスカッションなどの機能を標準で持っていない。
  • ユーザーや開発者が少なく、情報や周辺ツールの整備が遅れている。
  • PukiWikiにあるような簡易BTSプラグインが提供されていない。
  • 改変されたコンテンツのdiff表示機能がない。

sf.jp への導入

 まずは、取得と展開。

http://wiki.splitbrain.org/wiki:ja:dokuwiki

 一昨日の2006-11-06に最新安定版が出ている。

 インストールは、参考サイトにはマニュアルでいろいろやるように書いてあるけど、最新版はWebからインストール処理を進めてくれるので楽チン。でも、これに気が付くまでウロウロしたけどね... あと、パーミッション関係でもちょっとウロウロしましたよ。

 ここでは、例としてDokuWikiを設置するプロジェクト名を”PROJECT_NAME”、接続するURLを”http://PROJECT_NAME.sourceforge.jp/doku/“とします。

 sshでシェル環境に接続して、プロジェクトのhtdocsディレクトリへ移動します。

$ cd /home/group/P/PR/PROJECT_NAME/htdocs

 ソースを取得して展開。公開用のURLパス名を”doku”とします。

$ wget http://www.splitbrain.org/_media/projects/dokuwiki/dokuwiki-2006-11-06.tgz
$ tar -zxvf dokuwiki-2006-11-06.tgz
$ mv dokuwiki-2006-11-06 doku
$ cd doku

 ホスティング環境では、root権限はもとより、ApacheなどのWebサーバーが動作するユーザー権限も利用できないのが一般的です。そのような場合は、 ファイルの権限を変更して対処します。セキュリティ面では好ましいことではありませんが、このような場合は仕方がありません。

$ chmod 777 conf/ data data/pages data/attic data/media data/meta data/cache data/locks

 http://PROJECT_NAME.sourceforge.jp/doku/install.php? を開く。

 英語表示なので、まず日本語に切り替える。

 画面の指示に従って項目を埋める。

Wiki名(TEST Wiki)
ACL(アクセス管理)を使用する(チェック)
スーパーユーザー
フルネーム
メールアドレス
パスワード, 確認
ACL初期設定(今回はパブリックを選んだ)

 保存ボタンを押す。

設定ファイルは正しく作成されました。作成した DokuWikiを使用するには install.php を削除してください。

と表示されるので削除する。

$ rm install.php

 キャッシュディレクトリの再構築を行う。 動作させていなければ、存在しないディレクトリもある。

$ cd data/cache/
$ rm -r 0 1 2 3 4 5 6 8 9 a b c d e f
$ mkdir 0 1 2 3 4 5 6 8 9 a b c d e f
$ chmod 777 0 1 2 3 4 5 6 8 9 a b c d e f

f以降も使用される可能性があるが未調査。

http://PROJECT_NAME.sourceforge.jp/doku/doku.php にアクセスすると文書がありませんといわれる。

 これで成功。

 あとは、ログインして管理設定と文書の編集をする。

 残件。

data/meta/wiki/syntax.meta failed

 Apacheの実行ユーザーの問題で、ディレクトリのパーミッションがセキュリティ的にイマイチな運用だけど、PukiWikiでも同じような運用になっているので、どちらの運用でも大差はないと思われる。いずれにせよ、管理者権限のないサイトである以上は仕方のないことだ。

 www-data権限で作成されるファイルも読めるので、バックアップは可能。でも、リストアはパーミッション変更に頼る必要があるかもしれない。 とりあえず動作しているが、まだ完全でない可能性も残っている。

 管理インターフェイスは、ZopeやXOOPS的な至れり尽くせり感がある。WikiというよりCMSという感じ。

 スキンの変更などがWebUIから楽にできるようになると、日本人には馴染むのではないだろうか。

テンプレートを変える

 デフォルトのテンプレートはシンプルでWikiとしては必要十分ですが、サイトとして見ると格好が悪いものです。 そこでテンプレートを追加して、見た目を変えてみることにましょう。

 使用できる既存のテンプレートと独自のテンプレートの作成方法は本家サイトにあります。

http://wiki.splitbrain.org/wiki%3Atpl%3Atemplates

 テンプレートをインストールは、下記の3点の作業だけです。

  • テンプレートのアーカイブファイルをダウンロードする。
  • ダウンロードしたアーカイブを展開し、lib/tpl 以下に置く。
  • 「管理者メニュー」の「サイト設定」から、新しいテンプレートを選択して保存する。

 この中から、今回は”simple”を選んでみました。”simple”は、Michael Klier氏によるテンプレートで、現在の環境である2006-11-06版にも対応しています。

http://www.chimeric.de/dokuwiki/templates/simple

 sshでシェル接続をして、dokuディレクトリに移動します。

$ wget http://www.chimeric.de/_media/dokuwiki/templates/simple/download/template-simple-2006-11-08.tgz
$ tar -zxvf template-simple-2006-11-08.tgz

simple/
simple/images/
simple/images/windows.gif
simple/images/tocdot2.gif
simple/images/open.gif
simple/images/mail_icon.gif
simple/images/link_icon.gif
simple/images/inputshadow.png
simple/images/favicon.ico
simple/images/closed.gif
simple/images/buttonshadow.png
simple/images/button-xhtml.png
simple/images/button-rss.png
simple/images/button-php.gif
simple/images/button-dw.png
simple/images/button-donate.gif
simple/images/button-css.png
simple/images/button-cc.gif
simple/images/bullet.gif
simple/images/button-chimeric-de.png
simple/images/button-firefox.png
simple/images/dwbg.jpg
simple/images/urlextern.png
simple/style.ini
simple/rtl.css
simple/print.css
simple/mediamanager.php
simple/media.css
simple/main.php
simple/layout.css
simple/footer.html
simple/detail.php
simple/design.css
simple/simple_design.css
simple/simple_layout.css
simple/tpl_functions.php
simple/README
simple/style.ini.dist

$ mv simple lib/tpl/

 管理者メニューのサイト設定を開き、テンプレートの設定をdefaultからsimpleに変更し、保存ボタンで設定を反映させます。

 新しいテンプレートのスタイルシートを読み込むには、ブラウザのリロードが必要です。

 
start.txt · 最終更新: 2007/11/06 13:43 by kinneko
 
Recent changes RSS feed Creative Commons License Donate Powered by PHP Valid XHTML 1.0 Valid CSS Driven by DokuWiki